英語オンライン講座ハイテク英語第1道場のUnit6「変形プラス変形テクニック」。

英語オンライン講座 ハイテク英語第1道場

HOME¦ハイテク英語第1道場 受講案内・お申し込み¦ユニットの構成とテーマ

ハイテク英語第1道場 サンプル 問題と解説¦サンプル ハイライト

TMシステム¦ハイテク英語第2道場¦ハイテク英語第3道場

Unit6 「変形プラス変形テクニック」の主眼点

英語の変形テクニックは英文ライティングの基本手法

その名は「精読」、その実(じつ)
英語学習の王者

「サンプル ハイライト」の「読解技術で読む作文技術」も「精読」の一例。

「精読」は世の精読、読解、英文解釈とはまるで違うもの――レベルが違う、読みの深さが違うという前に、根本、本質がぜんぜん違う。

 「精読」と「読解」の違い:

■ 「読解」は文法レベルのリーディング、「精読」は「文法+技法」のリーディング。

■ 「読解」はライティングと無関係、「精読」は「リーディング+ライティング」。

TMシステムの「精読」が登場するまでは、英文は読んでも、英文の意味はとっても、英文のライティングは読まなかった、筆者のライティング力は読めなかった。英文のライティングを読むと「英作」力ではなくライティング力が伸びる。

「文法+技法」&「リーディング+ライティング」の「精読」は究極のリーディング、究極のライティング学習であるが故に「英語学習の王者」――リーディング力&ライティング力を伸ばす「精読」の威力は絶大なるが故に、「精読」はそれ自体で英語学習革命!

以下はTIME2011年3月7日号特集記事の冒頭2文、この精読からUnit6の「ハイライト」は始まります。

Leave it to Libya's Muammar Gaddafi to show the world how a tyrant goes down: with bluster, belligerence and blood. Not for him, the quiet escape of Tunisia's Zine el Abidine Ben Ali or the noisy—but broadly peaceful—exit of Egypt's Hosni Mubarak.


Copyright © 2017 遠藤緯己 All rights reserved.

特定商取引法に基づく表示 ¦ プライバシーポリシー


ハイテク英語道場